子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

最終更新日:2018年12月4日

適当に市販で購入してきたドッグフードを与えているけど、これでいいのかな?
毎回手作り料理を添えてあげないとドッグフード食べてくれないなぁ。

ドッグフードにお困りの皆さん、そんな適当な食育ではダメ。

 

重要

子犬の時期には栄養満点のドッグフードを食べさせなければなりません。

その理由は、子供の時期にどれだけ栄養を摂るかで、将来、強くたくましく育つかが決まるからです。

そして、その栄養をすべて摂取してもらうために、食いつきが良いフード、つまりおいしいドッグフードを用意しなければなりません。

 

ここでは子犬(パピー)におすすめのドッグフードについて解説していきます。

 

とりあえずモグワンでOK!

結論から言うと、子犬のドッグフードにはモグワンを選んでおけば間違いありません。

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

モグワンを与えるメリット
  • 獣医師監修だから安心
  • お肉たっぷりでタンパク質豊富
  • 野菜たっぷり栄養満点
  • 食い付きが良くなるレシピを採用
  • 原材料は人間も食べられる品質
  • 穀物不使用で消化に良い
  • 小粒だから食べやすい
  • 初回100円で食い付きテストができる

 

モグワンはドッグフードの中でも最高峰のクオリティーで、これらのメリットが見込めるのです。

獣医師監修だから、誇大広告もなく、信頼できる商品。

 

モグワンのここがオススメ

モグワンには100円のお試しがありますので、食い付きテストをする事ができます。

これにより、犬が気に入らなかった場合に、一袋まるまる余ってしまうということが起きません。

出典:【子犬・成犬に両対応】絶対に食べさせたいドッグフードおすすめランキング

 

たった100円ですから、これはお試ししない手はありませんよね!

モグワンの100円食い付きテストはコチラから。

 

では結論を先に述べたところで、なぜこのようなランキングになったのか、子犬に食べさせたいドッグフードランキングを詳しくみていきましょう。

まずはドッグフードを選ぶ基準から。

 

まず市販のドッグフードをやめることから始めましょう

市販のドッグフードを止めなければならない理由は、原材料の質が低いと言う理由があるからです。

市販のドッグフードは誰でも手が届く価格ですが、安いのにはそれなりの理由があります。

 

ドッグフードには、人間の食べ物のように食品衛生法と言う品質に関する法律がないので、正直やりたい放題。

特にドッグフードで1番危険なのは「肉副産物(○○ミール)」という原材料。

肉副産物とは?
  • 病気で死んだ動物の肉(ミートミール)
  • 鶏のくちばし(チキンミール)
  • 羽毛(チキンミール)

など人間では絶対に食べる事はできない品質の原材料。

市販のドッグフードにはこれらの原材料が含まれている事が非常に多いので、危険です。

 

ではなぜ、これら低品質な原材料をまぜてドッグフードを作ってしまうのでしょうか。

 

それは、フードのかさ増しをしているから。

市販の安いドッグフードは、これら原価のかからない低品質な原材料をまぜることにより、フードのかさ増しをしてお得に見せているのです。

 

これでは将来的に健康な犬に育つわけありませんよね。

 

重要

健康的な成犬に育たなければ、たとえ今与えているドッグフードを安くお得に手に入れていたとしても、将来病気がちな犬になってしまいます。

逆に栄養満点の食事を子犬の頃から与えておくことにより、病気になりにくいたくましい成犬に成長するのです。

 

ですから質の高いドッグフードを、子犬の時から与えておく必要があるのです。

 

では質の高いドッグフードとは一体どんなようなどのようなものなのでしょうか?

質の高いドッグフードを選ぶための選定機能障害しますね。

以下では、質の高いドッグフードを選ぶための選定基準について解説します。

 

一気にドッグフードランキングへジャンプしたい方はコチラのボタンをクリックで、ショートカットできます。

 

子犬のドッグフードを選ぶ基準

1.高タンパクのドッグフードを選ぶべし!

タンパク質は体の組織を形成する重要な成分。
子供の頃に、たくさんにタンパク質を与えておくことよって、将来的にたくましく育つかどうかが左右されます。

 

2.人工添加物が使用されていないものを

人工添加物は本来、犬にとって必要のないものですし、病気の引き金にもなります。

ちなみに、天然成分由来の添加物は問題なし。

 

3.穀物不使用であること

ドッグフードに穀物が使用されていると様々な問題が生じます。
例えば消化に悪いという事。
犬はもともと消化が得意ではないため、さらに消化に悪い穀物が含まれていると、消化不良起こして、吐き戻ししてしまうこともあります。

そしてもう一つはアレルギーの問題。
人間にも穀物アレルギーがあるように、犬にも穀物アレルギーがあります。
知らずに与えてしまった場合、アナフィラキシーショックを起こしてしまうことだってあるのです。

 

4.コスパが高いものであること

簡単に言えば、「割高なドッグフードを選ばないようにしましょう。」と言うこと。
値段が高いからと言って、品質もそれに比例するわけではありません。
しっかりと、ドッグフードの内容を理解しておく必要があるのです。

少し値段が高くても、それ以上に得られる効果が高ければ、それはコスパが高いといえますよね。

ポイント

低品質なドッグフードを食べさせていて病気になってしまったら、ドッグフードは安いと言え、今度は病院代がかかってしまいます。

逆に栄養満点のドッグフードで強い体作りをしていけば、病気をしにくくなるので、治療代も安く済みます。

という事は、栄養満点のドッグフード与える事は、コスパが高いといえますよね。

 

5.小粒のもの

子犬はドッグフードの粒が大きいとなかなか食べたがりません。
小粒のドッグフードは食べやすいので、子犬は食事を嫌がらなくなります。

 

6.獣医師監修の下にあるものを

企業がどれだけ「自社のドッグフードは良いものだ」と宣伝していても、それは果たして信用できるものなのでしょうか。
反対に健康のスペシャリストである獣医が監修しているドッグフードであれば誰でも安心して、そして信用することができますよね。
これもフード選びには重要な要素。

 

7.人間も食べられる原材料であること

上記でも説明したように、安いドッグフードには低品質な原材料がまぜられている事が多いです。
ですが、人間でも食べることができる品質の原材料を使用して、ドッグフードを作っていたら安心できると思いませんか?
これは、高品質なドッグフードの証でもあります。

 

8.お試し価格があること

ドッグフードを新しく買い与えても全く食べなかったと言う経験はありますでしょうか。

その際、購入したドッグフードは、まるまる1袋捨ててしまうことになります。
特に少々高めのドッグフードを購入したときに、全部余ってしまったら目も当てられません。

そのようなことを防ぐために、食いつきテストができるお試し価格(100円程度)制度が導入されているドッグフードを選ぶと、失敗することがありません。
お試し価格があるなら、たとえドッグフードが気に入らなくてもたったの100円で済むのですから。

 

ドッグフードの選び方まとめ

上記のような選定基準を見ると、いかにあなたのドッグフード選びは適当であったかということを認識できましたか?

犬の健康はお金に変えられないので、子供の頃から強い体作りをしていかなければなりません。

これらのことを念頭に置き、子犬に与えるべきドッグフードのおすすめランキングを見ていきましょう。

 

子犬におすすめのドッグフードランキング

1位 モグワン

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

「とにかく子犬のドッグフード選びに迷ったらコレ」といっても過言ではないほど、栄養満点で知名度が高いドッグフード。

モグワンのすばらしいところは、肉と野菜の比率がずば抜けて高いことです。

これにより、お肉から高タンパク、そして野菜からたくさんの栄養を摂取し、子犬の健康な体づくりを可能としました。

 

安心

これらは獣医師監修のもとに製造されていますので、その効果もお墨付き。

そしてその効果は獣医学誌にも掲載されるほどで、誰からも認められるドッグフードとなりました。

 

穀物不使用で、原材料は人間が食べられる品質を使用しているので、さらにに安心。

モグワンは100円お試し制度がありますので、まずはそちらを購入してから、1袋購入するようにしましょう。

 

こちらは初めからモグワンに決めている方は、お試し購入ではなく、割引率の高い定期購入でも大丈夫です。

 

2位 ナチュロル

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

ナチュロルは先程のモグワンより肉の配合率は下がりますが、その分、ビタミンに特化したドッグフード

というのも、ナチュロルの大きな特徴として世界で初めて採用された持続性ビタミンCと言うものを配合しているからです。

 

持続性ビタミンCとは?

通常、ビタミンCは吸収しきれなかった分は、体外に排出されてしまいます。

ですが持続性のビタミンCは腸に長く留まることによって、吸収される時間をより長くし、極限まで吸収力を高めることに成功しました。

 

さらにナチュロルはモグワンと同様、穀物不使用で、人間が食べられる品質の原材料を使用。
さらに消化が得意では無い子犬のことも考えられており、乳酸菌が配合されているのも特徴の1つ。

持続型ビタミンCと、胃腸に優しい乳酸菌が含まれているナチュロルも100円でお試しすることができます。

 

3位 ブッチ

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

ブッチは上記で紹介したドライフードではなく、ウエットフード。

基本的にウェットフードをあまりオススメしていません。
というのもウエットタイプは保存がきかないため、メーカーは少しでも保存生がきくよう大量に保存料を投入するからです。

ただし、ブッチに関してだけは非常にオススメ。
その理由はブッチは保存料を使用していないからです。

ブッチは、犬の健康を願って保存料を不使用にしているということも挙げられますが、「わざわざ保存期間を長くしなくても、人気商品なのですぐに売れてしまう」という事も保存料を使用しない理由の1つ。
つまり消費期限が来る前に、人気度も高く、食い付きも良いので、全て在庫を消費してしまうということなんですね。

 

ブッチのここがオススメ

ブッチを普段あげている「おやつ替わり」にあげてみましょう。

そうすると、おやつの時にも食育をすることが可能。

そしてしつけの際のご褒美にもブッチを使用することで、同時にしつけと同時に食育もできるので非常におすすめ。

 

 

4位 カナガン

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

カナガンはとにかく肉の比率が多いドッグフード。
どのドッグフードも食いつきが悪いと言う方に非常にオススメ。

今回紹介するドッグフードの中でも1番高カロリーなので、痩せ気味の子犬にピッタリ。

そして穀物も使用されていませんし、添加物も使用されていません。

ポイント
子犬の頃は体作りに非常に多くのカロリーが消費されるので、高カロリーの食事は必須。

カナガンもモグワンと同様、獣医師さんが監修しているドッグフードなので非常に安心。

5位 アランズナチュラルドッグフード

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

アランズナチュラルドッグフードはこれまで紹介したドッグフードとは打って変わって、逆にヘルシーなドッグフード

とにかく必要なもの以外の原材料を省くことにより、限りなく野生の食事に近い食事を再現しました。

ポイント
非常にヘルシーなドッグフードなので、肥満気味の子犬にオススメ。

子犬は高カロリーの食事が必須ですが、1日に4杯も5杯もドッグフードを与えていると、さすがに肥満になってしまいます。
または、家族が人間の食事を与えてしまうのも、ぶくぶく太ってしまう原因に。
そのような状況において、アランズナチュラルドッグフードを与えると、肥満を防止し病気を防止することが可能です。

「そろそろ体型がやばいかな?」と思ったら、アランズナチュラルドッグフードを視野に入れてみましょう!

 

6位 ファインペッツ極

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

ファインペッツ極は食いつき重視のドッグフード。

魚のニシンと、鶏のアヒルの肉を配合し、食いつきの良さを実現しました。

そしてファインペッツ極みの1番のオススメポイントは、中国産の原材料は一切使用しないと言うこと。
原材料の原産国は特に気にしないと言う方でも、中国産かどうかは気になる人も多いはず。

「原産国までこだわりたい!」
と言う飼い主さんはこのファインペッツ極はが非常にオススメ。

 

どれも良すぎてどのドッグフードにしようか迷う場合

おすすめはコレ!

それでしたら

  • 栄養バランス
  • 食いつき
  • 獣医師監修
  • 獣医学誌掲載
  • 高タンパク

であるモグワンをお試しください。

moguwanlpnew9 子犬(パピー)にぜひ食べさせたいドッグフードおすすめランキング!成長期だからこそ最高の食事を!

モグワンは100円で食いつきテストをすることができます。

 

  • 気に入らなければモグワンはやめてナチュロルを試す
  • 気に入れば割引率が高い定期購入をする

このような流れで問題ありません。

 

でもやっぱり市販のフードのほうが安いなぁ…。

と思う方もいるでしょう。

 

でも市販の安いドッグフードに惹かれるちょっと待ってください。

その安さに目がくらんでしまうのもわかりますが、まずは犬の健康を考えてみませんか?

 

小さな頃から良質な食事を与えることで、頑丈な体作りができ、将来的に病気をしにくくなります

逆に、品質の悪い原材料が含まれている市販のドッグフードで、健康な体づくりができると思いますか?

できませんよね。

目先のコストで考えれば、市販の方がお得に感じられるでしょう。

ですが、生涯のコストとして考えてください。

病院にかからないメリットを考えると、栄養価の高いドッグフードの方が断然コスパが高いことがわかるでしょう。

 

「今は健康だから」と言って、市販のドッグフードを与えていると、将来的に愛犬が病気にかかってしまった時には、悔やんでも悔やみきれません。

 

犬も大切な家族の一員。
そして犬はしゃべることができません

人間が意識して、犬の健康を管理してあげなければならないのです。

そのためにはまずモグワンが必要。

まずは100円でお試しできますのでモグワンの食いつきと栄養を実感してみてください。